商品カートをみる マイページへログイン 接着剤ご購入のご利用案内 接着剤に関しての相談フォーム お客様の声 サイトマップ
RSS

接着剤についてのご案内。 

小箱屋では用途に合わせた各種接着剤をご用意しております。
接着剤は工作などに使う木工用のものから鉄同士やガラス同士を合わせるために使用する工業用の物まで様々、
材質や環境によって使い分ける事で最高の性能を発揮します。
接合を行いたい物によっては、接着剤や両面テープなどを使用してもつかないものがありますので、
ご使用になるまえにパッケージをご確認ください。またご購入に関しての案内以外にも、
適切な使用のための方法や環境に合わせた商品のご相談、両面テープのご相談なども承っております。
当店のスタッフが誠意をもって対応させて頂きますのでどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
いつでもお待ち申し上げております。
※迅速な対応を心がけておりますが、休日を挟んだ場合対応が遅れる事がございます。
ご迷惑をおかけ致しますがご了承下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

両面テープの基本

■両面テープなどの粘着テープ構造

両面テープの構造

両面テープや梱包用テープ、粘着テープは多層構造が基本となっており、いろいろな材料が重なってできています。紙やプラスチックといった基材とアクリル系などの粘着剤との組合せが基本です。また基材と粘着剤の間には、密着をよくするためプライマーも使われています。

剥離紙

粘着剤

基材

粘着剤

■基材

片面テープの構造

両面テープなどのベースとなる基材は性能に大きく左右します。その種類もさまざま。強度や厚さ柔軟さなどそれぞれの特徴を活かしております。主にマスキング、梱包などに使われる片面テープでは、紙・プラスチックや金属箔の基材が多く使われています。接着接合用途には、不織布の基材が一般的でしたが、近年アクリルフォームなどの発泡体基材の両面テープが強力な接合用途に使われます。

背面処理剤

基材

プライマー

粘着剤

■粘着剤

転写テープの構造

両面テープなどの粘着テープにおいて、粘着剤はもっとも重要な意味を持つ層です。大きくゴム系、アクリル系、シリコーン系という3つのタイプに分類できます。ゴム系の粘着剤は初期接着力にすぐれ被着体の材質をあまり選ばず多くの材質によく着きますが、光、熱、酸素に対して劣化しやすいという弱点をもっています。アクリル系粘着剤は、光や酸素に対して安定しているという特長を持ち、耐熱性や耐溶剤性にも優れています。またかぶれにくいため絆創膏などの医療に粘着テープとしても採用されています。シリコーン系粘着剤は、-60℃から250℃という幅広い温度に対応でき、耐候性、耐薬品性、耐湿性に優れています。しかも他の粘着剤では着きにくいシリコーン表面に対しても粘着性を発揮します。ただ価格が高いことや基材との接着力が弱点です。

剥離紙

粘着剤

両面テープの小箱屋は、両面テープをリーズナブルな価格で販売しております。両面テープについてのご相談はこちらから

テープ貼付のポイント

[礁魅董璽廚鯏修詭未寮浄

 汚れや水分、油分を拭き取り、よく乾かしてください。

▲董璽廚鯏修衂佞韻觧の温度

  10℃以下では接着しにくくなります。ドライヤーなどでテープと貼る物を温めた上でご使用ください。

十分な圧着

 両面テープの剥離紙をはがし、取り付けたい場所に貼り、親指で強く押し付けてください。

の礁魅董璽廚鯏修衂佞姥紊陵楡源間

 両面テープ貼り付け後、直ぐに強度は出ません。本来の接着力が出るまで24時間ほどかかります。

 

両面テープの小箱屋は、両面テープをリーズナブルな価格で販売しております。両面テープについてのご相談はこちらから

両面テープのQ&A

Q、両面テープなどの粘着テープの保存方法は?

A、1)乾燥したほこりの無い場所 2)直射日光の当らない場所 3)極度の高温や湿気の場所は避けてください。

Q、粘着と接着の違いは?

A、両面テープは粘着。接着剤は接着。粘着は、形態を変化させず簡単にくっつけることが出来るのが最大の特徴です。接着は、その形態の変化によってものをくっつけます。

Q、なぜプラスチック類はつき難いのですか?

A、貼る被着体の表面エネルギーが関係しています。アルミニウムでは840、ガラスで260〜500なのに対しプラスチック類は30〜40と表面エネルギーが小さいのでつき難いのです。

Q、性能を発揮するには?

A、両面テープの性能を発揮させるためには、圧着が重要です。両面テープを貼ったあとに強い圧力をかけてください。

Q、両面テープは貼って直ぐに強度がでるのですか?

A、両面テープを貼ったあと24時間くらいで本来の強度がでます。貼った直ぐには強度はでません。

Q、多用途の両面テープと被着体別(用途別)ではどちらが強度が出るのですか?

A、より強く接着したいときには、被着体別(用途別)の両面テープをお買い求めください。

両面テープの小箱屋は、両面テープをリーズナブルな価格で販売しております。両面テープについてのご相談はこちらから