商品カートをみる マイページへログイン 接着剤ご購入のご利用案内 接着剤に関しての相談フォーム お客様の声 サイトマップ
RSS

接着剤についてのご案内。 

小箱屋では用途に合わせた各種接着剤をご用意しております。
接着剤は工作などに使う木工用のものから鉄同士やガラス同士を合わせるために使用する工業用の物まで様々、
材質や環境によって使い分ける事で最高の性能を発揮します。
接合を行いたい物によっては、接着剤や両面テープなどを使用してもつかないものがありますので、
ご使用になるまえにパッケージをご確認ください。またご購入に関しての案内以外にも、
適切な使用のための方法や環境に合わせた商品のご相談、両面テープのご相談なども承っております。
当店のスタッフが誠意をもって対応させて頂きますのでどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
いつでもお待ち申し上げております。
※迅速な対応を心がけておりますが、休日を挟んだ場合対応が遅れる事がございます。
ご迷惑をおかけ致しますがご了承下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

接着剤の種類と注意点

〔攤爐寮榁紂

 ・木材同士の接着                   : ウルトラ多用途SU

 ・建物など高強度が必要な木材同士の接着   : 木工用

 ・木材と他の材質(異種材料)の接着       : ウルトラ多用途SU

 木工用接着剤は、高強度を発揮しますが耐水性に限界があり、常に水のかかるような部分での接着には向いていません。そのような場合はクギを併用してください。また異種材料のプラスチックと木材を接着する場合、木工用接着剤では接着することができません。

 使用時の注意点  ●木材の接着では、木材が充分に乾燥していることが大事です。

▲廛薀好船奪の接着

 プラスチックは材質の種類が多いので、最室によって使える接着剤が異なりますので、特に注意が必要です。

 ・一般的なプラスチック同士の接着     : ウルトラ多用途SU  ヘンケルプラスチック用

 ・ポリプロピレン・ポリエチレンの接着    : GPクリヤー  3M プラスチック用

 ・ポリプロピレン・ポリエチレンの瞬間接着 : アロンアルファ プラスチック用

 水に浮くポリエチレン(PE)・ポリプロピレン(PP)は接着が困難ですので、それらの接着には専用の接着剤が必要です。アロンアルファ プラスチック用は、瞬間接着が可能ですが、PE・PPの広い面積の接着には適しません。

6眤阿寮榁

 金属とプラスチックの接着など異種材料の接着の場合、膨張率の違いからひずみが発生し接着力を低下させたり、被着体を傷めますので、弾力性を持っている接着剤をお選びください。

 ・金属同士の接着           : ウルトラ多用途SU  3M多用途接着剤  アルテコ パワーHG

 ・金属と他の異種材料の接着    : ウルトラ多用途SU  3M多用途接着剤  アルテコ パワーHG

 ・高強度が必要ば場合        : エポキシ系接着剤

 使用時の注意点  ●エポキシ系接着剤を使用する際は、2液を充分に混ぜてください。またエポキシ系接着剤は反応硬化時に発熱しますので、混合時は充分に注意してください。

ぅ灰鵐リート、タイル、石材などの接着

 コンクリートの接着では、材料が充分に乾いているかがとても重要です。また粉粒などが表面に付着していることもあるので、表面をキレイにしてから接着してください。タイルについても充分に乾燥させてください。

 ・コンクリードの接着   : ウルトラ多用途SU  高性能コンクリート用  クイックメンダー

 ・タイル、石材の接着  : ウルトラ多用途SU  高性能コンクリート用  クイックメンダー

 ・表札などの接着    : ウルトラ多用途SU  高性能コンクリート用  クイックメンダー

 ・広い面積の接着    : 高性能コンクリート用 ウルトラ多用途は硬化が早いので。

ゥ咼法璽襪寮榁

 軟質塩化ビニールは、内部に可塑剤を含んでおり、接着後に接着面が可塑剤に影響を受け、接着の強さが低下する事があります。

 ・軟質塩化ビニール同士の接着  : ウルトラ多用途SU  ビニル用や3M塩化ビニール用  

Εラスの接着

  ガラスと異種材料の接着の場合、膨張率の違いからひずみが発生し接着力を低下させたり、ガラスを傷めますので、弾力性を持っている接着剤をお選びください。 

 ・小物や小面積の接着     : ウルトラ多用途SU  3Mガラス用

 ・ガラスと異種材料の接着   : ウルトラ多用途SU  3Mガラス用

 ・小物で硬く仕上げたい場    : エポクリヤー  パワーエポ3

 ・UVを当てて硬化させたい場合 : ピタガラス

 食器などの口に触れる物には使用しないでください。

布、皮革、ゴムなどの接着

 布・皮革の接着には、接着後の風合いが柔らかく仕上がる弾性接着剤が適しています。また皮革の表面にはサブら分があり、接着強度を低下させるので、作業前にヤスリがけが必要です。ゴムの表面にも成型時の離型剤が付着しておりますので、同様にヤスリがけを行ってください。

 ・布や皮革の接着   : ウルトラ多用途SU G17 Gクリヤー 3M皮革用

発泡スチィロールの接着

 発泡スチィロールは溶剤の種類によっては溶解します。従って有機溶剤をしようした接着剤は、発泡スチィロールを溶かしてしまいます。

 ・発泡スチィロールの接着         : ウルトラ多用途SU  発泡スチィロール用

 ・発泡スチィロールと異種素材の接着  : ウルトラ多用途SU  発泡スチィロール用

 ・発泡スチィロールを瞬間的に接着    : 瞬間アクリア

瞬間接着剤(シアノアクリレート系接着剤)

 被着材表面についている微量の水分を吸収し、瞬時に重合して硬化する接着剤です。硬化後は硬い皮膜となり多くの材料のによく接着しますが、皮膜が硬いため衝撃(アロンアルファ 耐衝撃用除く)に弱く、水にあまり強くありません。また凹凸面や隙間のある面の接着には不向きです。